×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

説明
brain

ここでは脳と身体に良い水を研究しています
リンク | ブログ
水と身体と脳
様々なミネラルウォーター




水道水の害
最近は水道水を飲まず、飲み水にはミネラルウォーターなどを利用する家庭が増えてきました。このことより、大抵の方は水道水があまり良くないということは認知されていることが分かりますが、では水道水のどこが良くないのかということはあまりよく分かっていない方が多いようです。ここでは水道水の害について説明します。

水道水の実体として、日本の水道水は多くは河川の水を利用し、これを濾過・消毒して各家庭に送っていると言うことがあります。これ自体は、通常飲むことが出来ない河川の水を飲めるようにする為必要なことで、河川水を飲み水にする上では避けられない作業です。では、何が問題なのでしょう?それは消毒の際、塩素を使う場合が多いことが関係しています。とは言っても、塩素自体は、水道水に使われている程度では人体にはたいした問題を起こしません。問題なのは、塩素を使うことによって生じるトリハロメタンという物質で、これには発ガン性が認められています。もちろん法規により水道水上のトリハロメタン量は規制されていますが、発ガン性物質である限り少しでも摂取しないことが望ましいのは言うまでもありません。
しかも、トリハロメタンは水を沸かしても減ることがありません。それどころか温めてしまうと逆に増えてしますと言うことにもなります。もちろん、そのまま沸かし続け何十分も沸騰させ続ければ無くなってきますが、家庭で飲み水に使う場合、まったく現実的な方法ではありません。
また、発ガン性とまではいかなくても、塩素が入った水道水は味もまずく、また、塩素入りの水道水で料理をするとビタミンなどを破壊してしまうと言う悪効果もあります。塩素は沸騰させれば飛ばすことが出来ますが、沸騰させればトリハロメタン濃度が濃くなってしまう。悪循環です。

水道水の汚染はそれだけではありません。マンションなどの集合住宅では受水タンクや各家庭と受水タンクを結ぶ水道管の汚染なども問題になっています。管理がずさんな所だと、汚染したまま水質調査も清掃もしないまま、等と言うところも少なからずあるようです。

それでも水道水をおいしく飲む方法
とはいえ、ミネラルウォーターばかりでは大変だと言う方も多いでしょう。当サイトではなるべくミネラルウォータなどを利用することをお勧めしますが、それでも水道水で、という方のために少しでも水道水を美味しく飲む方法を紹介します。

1.沸騰させる。湯沸かしすると水道水中の塩素が蒸発し、塩素臭さがなくなります。トリハロメタンが気になりますが、少量なので気にしないのも手です。これが気になるようなら水道水を飲むのはお勧めしません。
2.レモンの絞り汁を入れる。一杯につき2〜3滴のレモン汁を入れると飲み口が爽やかになり美味しく飲めます。
3.市販の浄水器を使う。市販の浄水器程度では本来十分な浄水作用を得られるとはいえませんが、何もしないよりは美味しく飲めます。最近は塩素除去やトリハロメタンを除去するものも市販されています。効果が高い物は高価になってしまいますが、料理などに使う場合にも重宝します。
4.竹炭の浄水作用を利用する。竹炭には浄水作用があり、最近はコップなどに入れておくことで浄水してくれる市販品も数多く出ています。特に備長炭の浄水効果は高く、多くの製品が出ています。

脳と身体と水
人間の身体の約60%は水分で出来ています。人間が毎日の活動で必要とする水分は2,300mlくらいです。これは尿や汗として排泄される事などによって生じる不足分を補うで、水分を多く取れば当然より多くの水分が尿などで排泄されていきます。
人間の体は絶えずこの水分量60%を維持しており、これを5%でも上下してしまうと健康に害が現れてきます。これだけ体に重要な水分ですので、当然脳にも水分は大きく影響しています。
とくに脳に大きい影響を及ぼすのは脳血管の血流の問題で、水分量が不足すると血管が詰まりやすくなり、脳梗塞などの疾患を引き起こす場合があります。よくサウナや風呂、暑い日などに脳梗塞で倒れる例がありますが(西条秀樹さんもサウナ後に脳梗塞で倒れていますね)これは、血液が水分不足で粘度が高まってしまい、どろどろ血になってしまうことが原因です。よく、ダイエットのため等と称して、汗をかいているにもかかわらず水分を控えてサウナに入ったりしている人がいますが、暑い日やサウナなどでは水分補給を意識して行わないととんでもないことになってしまう場合があります。

また人間の体の60%は水分ですが、脳にいたっては約80%近くが水分で、人間の臓器の中でも水分が必要な所の一つです。特に栄養を脳に運ぶ血液がサラサラであることは重要で、健康な血液を適度な水分補給で維持することは重要です。

体内の水分イラスト

水分補給で病気予防
水分は人間にとって無くてはならない物です。水分を積極的に取ることによって様々な病気の予防につながります。(ここで紹介している病気はほんの一例です。また、水分補給だけではもちろん予防につながりません。あくまで参考程度にお考えください。)

●糖尿病
水分を多めに摂取することにより、血糖値を下げまた、頻尿になり、血液濃度が上がるのを押さえます。 BR>
●痛風
プリン体などにより尿酸が過剰になると、針状結晶となり痛風の原因になります。水分を取ることにより、尿酸が流されるので、ビールなどプリン体が多く含まれる食品を多く取る方や痛風になりやすい家系の方は水分を多く取ることが予防となります。

賢い水分の取り方

●水分は一日2L
人間が一日に必要とする水分は約2Lですが、これを全て食品から取るのは、スープやみそ汁好きな人でも無理に等しいでしょう。つまり、足りない分は飲料でまかなうしかないのですが、この際、ジュースやアルコールでは、糖分の取りすぎになりますので、なるべくミネラルウォーターやお茶などで摂取することが望ましいでしょう。一日1L〜2L程度の飲料による水分補給があれば、十分一日の摂取量以上はまかなえます。

●水分補給はこまめに
一日1L〜2L程度の飲料による水分補給が望ましいですが、これを一気に飲むのは大変です。とくにミネラルウォーターなどでミネラル補給も考えているのなら、一気に飲んでも、吸収されるミネラル量は限定されるので、水分はこまめに何回にもわけて飲むのがいいでしょう。

●起き抜けの一杯ですっきりと
朝、目覚めてすぐに冷たい水を飲むと、胃がすっきりし、眠気も飛んで快適な目覚めになります。特に、ガス入りの発泡系のミネラルウオーターが、程度な刺激がありお勧めです。炭酸入りを目覚めに飲むのは胃に負担をかけるのではないかと思われる人もいるかもしれませんが、飲み過ぎなければ問題ないでしょう。
朝の水はさらにお通じを良くしたりする効果もあります。

●ダイエットにも水を
ボクサーなどが減量中、水分を節制したりすることから、ダイエット中は水分を控えたりする人がいますが、これはまったく逆効果で、ダイエット中はむしろ水分を多く取ることをお勧めします。
ボクサーは限界まで減量するために水分すら節制しますが、これは、一時的に水分を絞り出しているだけなので、水分を取ってしまえばすぐに戻ってしまいます。一ダイエットは運動で脂肪を燃焼させるのが基本です。ダイエットで食事制限や運動をしている時は逆に水分が足りなくなる場合が多いので積極的に水を飲んでください。人間の体内水分量は健康な人であればたいてい60%前後で一定ですので水太りなどは心配する必要はないでしょう。(一時的なむくみなどはあるでしょうが、問題ないでしょう)


頭脳デザイン研究所ダイエット分室
ダイエットのことならこちらへ。


●デトックス効果で内からキレイに
最近注目されている健康法に『デトックス』があります。デトックスとは解毒の意味で、発汗や、排泄、などにより、体内に貯まった有害物質(化学物質など)を排出し健康になろうという物で、まだ、医学的に実証されたものではありませんが、近年流行している健康法です。これでは発汗によるデトックスなどが重要なため、水分補給も大切な要素になっています。きれいなミネラルウオーターを発汗による水分補給に使用し、体の中からキレイになるのが重要です。





説明

トップ相互リンク覧

ブログです