×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

説明
training

頭脳デザイン研究所へようこそ!
リンク | ブログ
百マス計算・音読
速聴・速読(工事中)
簡単トレーニング&ゲーム
日常生活を脳トレに
五感トレーニング




脳トレのススメ
最近流行している現象に「脳トレ」があります。
ゲーム「脳を鍛える大人のDSトレーニング」やTV番組、書籍など、脳のトレーニングを目的にしたものが好評を博し、近年まれにみる脳トレーニングブームを起こしています。
この脳トレブームの裏側には、不況を乗り切りつつあるものの社会的格差が広がりバブル期の様な誰もが中流というわけではなくなった社会状況と関係があるのかもしれません。
ビジネスにおいても勉強でも、人より一歩抜きんでた成果をもたらすためには、知恵やアイデア、判断力が人より上回っている必要がありますが、高度成長期のようながむしゃらに努力する泥臭さは敬遠されます。
現代ではよりスマートにアイデアや発想力を武器とした者が理想の成功者とされる時代です。 「脳トレ」の流行はそんな現代人の心理を反映しているといえるでしょう。

計算
特に最近話題になっているものに「大人の計算ドリル」「大人の音読ドリル」あります。
これは東北大学の医学博士・川島隆太博士が提唱した脳トレーニングをドリルにした物で、「大人の計算ドリル」は小学生レベルの簡単な計算問題を、「大人の音読ドリル」は音読をおこなうことを目的としています。
簡単な計算や音読が脳のトレーニングになるのか?と思われるかもしれませんが、これは実に科学的な実証を元にしたトレーニングなのです。

簡単な計算や、音読をしたときの脳の血流を調べると前頭葉を中心とした活発な活動が看られました。この血流量は難しい計算をしたときや、考え事をしている時などよりも多く、また、より早く行うことでより活発になることが分かりました。
ポイントは簡単な計算を数多く・早く。午前中の脳が活発な時間に行うとさらに効果が上がります。

前頭葉のトレーニングは脳全般のトレーニング
いくら前頭葉が活発に働いても、計算や音読だけでは、計算や音読だけが上手くなりあまり意味がないと思われる方も多いかもしれません。
しかし、前頭葉は計算や言語だけでなく多くの思考に関係したカ所なので、前頭葉を鍛えることによって、あらゆる勉強のトレーニングとして活用できます。
前頭葉のトレーニングは勉強の基礎体力をつけるトレーニング。
基礎を固めることにより、あらゆる勉強が効率的に勧められるのです。

百マス計算
百マス計算とは足し算かけ算などの基礎的な簡単な計算問題を徹底的に反復練習する学習方法(脳トレーニング)です。
広島県尾道市立士堂小学校長の陰山英男先生が提唱し、現在、様々な媒体で取り上げられ、さながら百マス計算ブームとなっています。
ここでは簡単な計算を手軽に出来る方法として紹介します。
これは縦横10ますずつの碁盤の目の計算用紙の左段と上段に数字が0〜9まで並べられており各段の数字をかけたり足したりして100個のますを埋めていくというものです。
自由に計算出来るため、1個計算用紙をコピーするだけで様々な問題を随時自由に作ることが出来、簡単に計算練習を始められるのがメリットといえます。
脳トレーニングとして効果的なように、なるべく早く解くことを心掛けて挑戦してみてください。 一日10分〜15分やってみることをオススメします。

100マス
上イラストのように上左の数字を自分で自由に計算していき、升目をその答えで埋めていきます。計算だけに集中することが大切です。


音読
音読も計算と同じで脳の前頭葉の活動を活発にさせる効果がある、脳の基礎体力を向上させるのにうってつけのトレーニングです。
計算と違い言語野を主に活動させるのですが、その周辺を中心として脳の多くの部位を活動させるので計算と同じで脳全体のトレーニングになりますが、計算とは若干違う部位も活動させるので、計算と一緒に行うとより効果的です。
やり方は簡単で、文章を声に出して読むこと、だけです。
本を読むなら黙読でもあまりかわらないのではないかと思われがちですが、黙読だけの読書と音読を比べると脳の血流量に格段の差違があり、音読のほうがはるかに脳のトレーニング効果があることが科学的に立証されています。
読む内容は何でも構いませんが、自分にとって比較的読みづらいもの、たとえば古語表現の多い文学作品や古典、自分には縁がない分野の専門書や雑誌などの方がより効果があるようです。
また、音読もなるべく早く読むのがより効果的です。
声に出しながら早く、しかも内容を理解しながら読みづらい文章を読む。最初は大変かもしれませんが毎日続けることにより確実に脳の基礎体力は上がっていきます。
これも一日10分〜15分で結構ですので気軽に初めてみることをオススメします。
本






川島隆太
川島隆太教授の脳を鍛える大人の音読ドリル
ベストセラーとなった川島隆太教授の音読用ドリル。毎日音読することにより、確実に脳が活性化していきます。




川島隆太
川島隆太教授の脳を鍛える大人の計算ドリル
コピーをとって繰り返し使うといいかも。百マス計算より手軽に始められるし、お金を出し始めることで三日坊主を防げます。




川島隆太
川島隆太教授の脳を鍛える携帯版大人のドリル
「脳を鍛える大人の計算ドリル」「脳を鍛える大人の音読ドリル」のコンセプトをもとにして、いつでもどこでも脳のトレーニングが出来るように作った携帯版のドリル。サラリーマンの方などに超オススメです。



説明

トップ相互リンク覧

ブログです